コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首里 しゅり

8件 の用語解説(首里の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

首里
しゅり

沖縄県沖縄島南西部,那覇市の中心市街地の一部。旧市域。1954年那覇市に編入。市域の東部,石灰岩の丘陵上にある。琉球王朝時代 14世紀後半頃からの旧都で,展望のよい天然の要害地に首里城が築かれ,城下町が形成された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゅり【首里】

沖縄県那覇市東部の地名。旧琉球王朝の首都。旧首里市で、昭和29年(1954)那覇市に合併。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

首里【しゅり】

沖縄県,沖縄島那覇(なは)市の一地区。市街東部の台地にあり,1920年市制の旧市であったが,1954年那覇市に合併。琉球王朝時代の王城の地で,城を中心に寺や屋敷が多かったが,第2次大戦で壊滅,戦後王城跡に琉球大学が設置され,学園・住宅地区となった。
→関連項目沖縄[県]おもろさうし徳之島与論島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゅり【首里】

沖縄県那覇市の地名。琉球王国の都。歴史的にどこまでさかのぼれるか今のところ不明であるが,沖縄が山北(さんほく)(北山),中山(ちゆうざん),山南(南山)という三つの小国家に分かれて争っていた時代,中山の拠点は浦添(うらそえ)であったという。1406年中山の覇権を掌中にした尚巴志(しようはし)は首里を拠点にえらび,20年代には首里城とその外苑を整備して王都としての基礎をかためた。29年,尚巴志が三山を平定して統一王朝(琉球王国)を樹立すると,首里の地位は不動のものとなり,以後王都としての発展を約束されるが,とくに尚真王(在位1477‐1526)の時代に各地の按司(あんじ)(首長)を首里に集住させたため人口が急激に増加,また多くの造営事業がほどこされるなど王都としての面目が一新された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゅり【首里】

沖縄県那覇市東部の地区。旧首里市。約五百年間琉球王朝の首都。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔地域名〕首里(しゅり)


沖縄県那覇市にある地域名。
琉球王朝時代の王城の地。1921年(大正10)、首里市として市制施行。54年(昭和29)那覇市と合併。15世紀初期、尚巴志(しょうはし)が首里城を中心に琉球王国を樹立。尚真(しょうしん)王の時代に王都として最盛期を迎えた。1879年(明治12)、いわゆる琉球処分により王制廃止、沖縄県となり、県庁を那覇市においた。首里城跡(国指定史跡)・玉陵(たまうどぅん)(国指定重要文化財)・園比屋武御嶽(すぬひあんうたき)石門(国指定重要文化財)などは琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコ世界文化遺産に登録されており、首里城公園は北部の本部町にある海洋博公園とあわせ、国営沖縄記念公園となっている。

〔沖縄県〕首里(しゅり)


沖縄県那覇(なは)市東部の地区。琉球(りゅうきゅう)王朝時代の王城の地。1921年(大正10)、首里市として市制施行、1954年(昭和29)那覇市に編入された。15世紀初期、尚巴志(しょうはし)が首里城を中心に琉球王国を樹立、尚真(しょうしん)王の時代に王都として最盛期を迎えた。1879年(明治12)、いわゆる琉球処分により王制が廃止され、沖縄県となり、県庁を那覇においた。首里城は1992年(平成4)復元工事が完了し、一般に公開。王宮外苑(がいえん)の竜潭(りゅうたん)池や円覚寺(えんかくじ)跡、守礼(しゅれい)門などの名所旧跡が多い。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

首里
しゅり

沖縄県、沖縄本島、那覇市東部の地区。旧首里市。1921年(大正10)市制施行したが、1954年(昭和29)那覇市に編入。方音シュイ。琉球(りゅうきゅう)石灰岩台地上にあり、南は安里(あさと)川で仕切られる。旧城下町で、琉球王府時代は最高所に首里城、それを囲んで寺院、士族屋敷がつくられていた。1914年に那覇から電車が開通したが、1933年(昭和8)には廃線。沖縄戦の激戦地で、城跡地下には軍司令部が設定されていた。第二次世界大戦後、首里城跡には琉球大学が設立されたが、1977年から1984年にかけて西原町、中城(なかぐすく)村に移転。おもな旧跡に、守礼門(しゅれいもん)、園比屋武御嶽(そのひゃんうたき)、円覚寺(えんかくじ)跡、玉陵、金城(きんじょう)町石畳道などがある。1992年(平成4)、復原なった首里城正殿を中心とした首里地区(首里城公園)は、沖縄海洋博覧会記念公園(本部(もとぶ)町)とあわせて国営沖縄記念公園として開園した。また、首里城跡、園比屋武御嶽石門などは、2000年「琉球王国のグスクおよび関連遺産群」として世界文化遺産に登録されている。[堂前亮平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の首里の言及

【那覇[市]】より

…1921年市制。54年首里(しゅり)市(1921市制),小禄村,57年真和志(まわし)市(1953市制)を編入。人口30万1890(1995)。…

【琉球】より

…按司は〈ぐすく(城)〉と称する城塞を築造して抗争し,12世紀末から13世紀には舜天,英祖などの強大な按司が出現し,14世紀に入ると沖縄本島を中心に〈三山(さんざん)〉と呼ばれる小国家が出現した。北部には今帰仁(なきじん)城を拠点とする〈山北(さんほく)(北山)〉が,中部には浦添(うらそえ)城(のちに首里(しゆり)城)を拠点とする〈中山(ちゆうざん)〉が,南部には島尻大里(しまじりおおざと)城(一時は島添(しまそえ)大里城)を拠点とする〈山南(さんなん)(南山)〉が割拠して互いに覇を競った。 1372年中山王察度(さつと)は中国に誕生した明朝の太祖洪武帝の招諭を受け入れて初めて入貢し,その冊封(さくほう)体制の一員となった。…

※「首里」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

首里の関連キーワード那覇市歴史博物館沖縄県那覇市久米沖縄県那覇市久茂地沖縄県那覇市首里金城町沖縄県那覇市辻沖縄県那覇市泊沖縄県那覇市西沖縄県那覇市真地沖縄県那覇市牧志沖縄県那覇市若狭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

首里の関連情報