コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀川新三郎 ほりかわ しんざぶろう

2件 の用語解説(堀川新三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀川新三郎 ほりかわ-しんざぶろう

1851-1914 明治時代の染色業者。
嘉永(かえい)4年9月3日生まれ。京都で広行社染工場をひきつぐ。明治14年ごろ写糊(うつしのり)と型紙を考案し,輸入モスリン生地の文様染めに成功,製品はモスリン友禅とよばれた。31年イギリスから捺染(なっせん)機械を購入,堀川捺染工場をひらき機械捺染業の先駆けとなった。大正3年10月27日死去。64歳。大坂出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

堀川新三郎

没年:大正3.10.27(1914)
生年:嘉永4.9.3(1851.9.27)
明治期の染色業者。大坂生まれ。同地の洋反物問屋笠井商店の手代を勤める間に,京都白川筋の染工場広行社を知る。別家独立後の明治12(1879)年,広行社染工場の経営を引き継ぎ,染色業の経営を始めた。輸入モスリン生地に友禅模様を染め抜く「写染法」を考案。モスリン友禅と称されるその製品は,文様染モスリンの輸入代替に貢献し,その染色法は木綿型付けなどにも応用された。30年に欧米視察にでかけ,イギリスから捺染機械を購入。日本における機械捺染業の先がけとなったが,晩年は事業に蹉跌をきたし,不遇のうちに病没した。明治期日本において,先進技術の導入,受容に邁進した事業家兼技術者の軌跡がうかがえる。<参考文献>明石厚明『日本機械捺染史』

(谷本雅之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

堀川新三郎の関連キーワードイタリア映画ロッキード事件リゴレットギュツラフ真葛長造気成電気万国博覧会ミシンリップス

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone