コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀川新三郎 ほりかわ しんざぶろう

2件 の用語解説(堀川新三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀川新三郎 ほりかわ-しんざぶろう

1851-1914 明治時代の染色業者。
嘉永(かえい)4年9月3日生まれ。京都で広行社染工場をひきつぐ。明治14年ごろ写糊(うつしのり)と型紙を考案し,輸入モスリン生地の文様染めに成功,製品はモスリン友禅とよばれた。31年イギリスから捺染(なっせん)機械を購入,堀川捺染工場をひらき機械捺染業の先駆けとなった。大正3年10月27日死去。64歳。大坂出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

堀川新三郎

没年:大正3.10.27(1914)
生年:嘉永4.9.3(1851.9.27)
明治期の染色業者。大坂生まれ。同地の洋反物問屋笠井商店の手代を勤める間に,京都白川筋の染工場広行社を知る。別家独立後の明治12(1879)年,広行社染工場の経営を引き継ぎ,染色業の経営を始めた。輸入モスリン生地に友禅模様を染め抜く「写染法」を考案。モスリン友禅と称されるその製品は,文様染モスリンの輸入代替に貢献し,その染色法は木綿型付けなどにも応用された。30年に欧米視察にでかけ,イギリスから捺染機械を購入。日本における機械捺染業の先がけとなったが,晩年は事業に蹉跌をきたし,不遇のうちに病没した。明治期日本において,先進技術の導入,受容に邁進した事業家兼技術者の軌跡がうかがえる。<参考文献>明石厚明『日本機械捺染史』

(谷本雅之)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堀川新三郎の関連キーワードギムザ染色常染色体単相オートソーム過ヨウ素酸シッフ染色三染色体性斎藤宇兵衛広瀬治助柳原吉兵衛山下め由

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone