堀河院中宮上総(読み)ほりかわいんちゅうぐうの かずさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「堀河院中宮上総」の解説

堀河院中宮上総 ほりかわいんちゅうぐうの-かずさ

?-? 平安時代後期の女官,歌人
堀河天皇の中宮篤子(とくし)内親王につかえる。周防内侍(すおうのないし)らと親交があり,康和4年(1102)の「堀河院艶書合」などの歌合わせに参加。歌は「金葉和歌集」などの勅撰集に14首ある。家集に「中宮上総集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android