堅田源右衛門(読み)かただ げんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堅田源右衛門 かただ-げんえもん

?-? 室町時代の漁師。
近江(おうみ)(滋賀県)の人。浄土真宗の熱心な信者で,蓮如(れんにょ)に帰依(きえ)した。文明11年(1479)山科本願寺が完成し,蓮如が園城寺(おんじょうじ)境内の顕証寺から宗祖像をうつそうとして園城寺の衆徒にさまたげられたとき,首と交換という衆徒の求めに息子源兵衛の首をさしだし,宗祖像をとりもどしたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android