コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堅田源右衛門 かただ げんえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堅田源右衛門 かただ-げんえもん

?-? 室町時代の漁師。
近江(おうみ)(滋賀県)の人。浄土真宗の熱心な信者で,蓮如(れんにょ)に帰依(きえ)した。文明11年(1479)山科本願寺が完成し,蓮如が園城寺(おんじょうじ)境内の顕証寺から宗祖像をうつそうとして園城寺の衆徒にさまたげられたとき,首と交換という衆徒の求めに息子源兵衛の首をさしだし,宗祖像をとりもどしたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

堅田源右衛門の関連キーワード室町時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android