コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堕罪以前説 だざいいぜんせつ Antelapsarianism; Supralapsarianism

1件 の用語解説(堕罪以前説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堕罪以前説
だざいいぜんせつ
Antelapsarianism; Supralapsarianism

予定説の一つ。人間の救いに関する神の決定は人類の創造と堕罪に先立つとする説。 T.ベザが代表的。カルバン派内部で,この説は堕罪以後説と対立して論争を起し,ドルト教会会議ウェストミンスター信仰告白はこの説を支持したが短命に終った (→予定 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

堕罪以前説の関連キーワード決定論人事鳴る神の人間学的証明予定説食行動遮音に関する質量法則開発途上にある国をとくに考慮した最低賃金の決定に関する条約公害に係る健康被害の救済に関する特別措置法《自然と人間の歴史に関する地理学》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone