コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堺包丁 さかいほうちょう

2件 の用語解説(堺包丁の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

さかいほうちょう【堺包丁】

堺で産する包丁。近世以降全国的に知られる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

堺包丁
さかいほうちょう

主として江戸時代に泉州堺(大阪府堺市)の重要手工業として発展し、現在も生産されている包丁。その起源については2説ある。第一は、天正(てんしょう)年間(1573~92)に剃刀(かみそり)製造に長じた長兵衛が、豊臣(とよとみ)秀吉の求めで、輸入品であった煙草(たばこ)包丁をつくったことに始まるというものである。第二説は、梅枝七郎右衛門(うめがえしちろうえもん)が刀工から転じて住吉で煙草包丁を製造し、それが砂石をも割ったので石割包丁といわれたという。寛永(かんえい)年間(1624~44)に書かれた『毛吹草(けふきぐさ)』には和泉(いずみ)の特産物として出刃(でば)包丁をあげているが、これは堺包丁のことであろう。これが発展して、1730年(享保15)には31軒の多葉粉庖丁(たばこほうちょう)の株仲間が公認されたが、その後、各地に堺包丁と偽称して堺の極印(ごくいん)をまねする者も現れ、堺はやや衰えるに至った。[安藤精一]
『『堺市史 第3巻』(1930・堺市) ▽松江重頼編『毛吹草』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堺包丁の関連情報