剃刀(読み)カミソリ

  • かみすり
  • ていとう ‥タウ
  • 剃=刀
  • 戯曲

デジタル大辞泉の解説

《「髪(かみ)り」の意》
頭髪・ひげなどをそるのに用いる刃物。切っ先がなく、刃が薄く、鋭利。こうぞり。
切れ味が鋭いさま、また、才気鋭く、物事の処理が速く巧みなさまや人のたとえ。「剃刀の頭脳」「剃刀パンチ」
[補説]作品名別項。→剃刀
中村吉蔵戯曲。1幕。大正3年(1914)10月、帝国劇場にて芸術座初演大正時代社会劇の代表的作品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひげ,まゆ毛など体毛の除去および,髪形を整えるのに用いる刃物。旧石器時代には,ひげ・体毛の処理には貝殻,動物の骨,サメの歯,フリントの石刃(せきじん)などを用いた。この方法は,その後も地域により継続された。15世紀にアメリカ大陸に渡ったトルケマダの記録には,インディアンの持っていた黒曜石の石刃を借りて,ひげをそったとある。青銅器の発見に伴い,各種の刃物が作られるようになると,体毛を〈そる〉ようになった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

髪剃の意
頭髪や髭ひげをそるための鋭利な刃物。
切れ味の鋭いさま、才気鋭いさまのたとえ。 -パンチ -のように切れる男
[句項目] 剃刀の刃を渡る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村吉蔵(きちぞう)作の戯曲。1幕。1914年(大正3)7月『中央公論』臨時増刊号に発表。同年10月帝劇で芸術座が初演。東京近郊の理髪店主木村為吉(ためきち)は家が貧乏で親の職業を継いだが、小学校の級友であった岡田秀作の家は金持ちで、彼は出世して政府高官、代議士となり故郷に錦(にしき)を飾る。剃刀の奴隷のようになって毎日を送る為吉は、いらだって散髪にきた岡田の首に剃刀を突き立てる。貧富の差により人の一生が決定される現実の社会機構を批判的に描いた、大正期社会劇の代表作であり、作者の転機を促したヒット作。初演以来335回の上演を記録し、『復活』とともに芸術座の主要な上演演目となった。[藤木宏幸]
『『現代日本戯曲選集2』(1955・白水社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「かみそり(剃刀)」の変化した語)
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「コレ見さっし。剃刀(カミスリ)の遣(つかへ)ねへ所があらア」
※洒落本・古契三娼(1787)「とんだやつじゃァねへかと云と、おてふはここがかみすりといふものだから」
〘名〙
① (古くは「かみぞり」か) 髪、ひげなどをそるのに使う小型の刃物。はがねで作り、刃はうすく平面で、きっさきがない。現在では日本剃刀のほかに西洋剃刀、安全剃刀などの種類がある。かみすり。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※観智院本名義抄(1241)「剃刀 カミゾリ」
※太平記(14C後)一六「あはれ大高が五尺六寸を五尺切てすて、剃刀(カミソリ)にせよかし」
② 浄土真宗で、在俗の男女が入信する時に行なう式。帰敬式(ききょうしき)。おかみそり。
※仮名草子・清水物語(1638)下「かみそりのいわゐとて樽さかなもたせてきたる人は親なり」
③ よく切れるの意で、才気するどく、判断力や行動力にすぐれていたり、行動が鋭くすばやかったりすること。また、その人。
④ 僧侶の間でいう。
(イ) 鮨(すし)のこと。〔俚言集覧(1797頃)〕
(ロ) アユのこと。
※玉塵抄(1563)四六「ここらにもあいを剃刀と云ぞ。かみそり刀の白てひかる如なぞ」
⑤ 「かみそりうお(剃刀魚)」の略。《季・春》
[語誌]中古から中世にかけては「かうぞり」とも言ったが、近世には「かみそり」が一般化した。「物類称呼‐四」に「西国にてかみそりと云 奥州白河にてかみすりと云」とある。
〘名〙 かみそり。また、かみそりで剃ること。
※参天台五台山記(1072‐73)一「即与剃刀二柄了」
※江戸繁昌記(1832‐36)二「先づ乱髪を略櫛して、始て剃刀を行る」 〔段成式‐題僧壁詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

剃刀の関連情報