コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堺市 さかい

2件 の用語解説(堺市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堺〔市〕
さかい

大阪府中西部,大阪湾に臨み,河泉丘陵に広がる市。 1889年市制。その後周辺市町村の編入により市域を拡大し,1996年中核市に移行。 2005年美原町を編入。 2006年政令指定都市に移行し,堺区中区東区西区南区北区美原区の7区を置いた。北西にゆるく傾斜する洪積台地が続き,大和川沖積平野にいたる。丘陵・台地部は先史時代から開け,仁徳天皇陵をはじめ著名な古墳が多い。中心市街地の堺は南北朝時代,港都として重視され,特に 16世紀には遣明船南蛮船の往来が盛んであった。環濠都市を形成し,豪商による自治が行なわれ,茶道,連歌などの町人文化も栄えた。鉄砲鍛冶,包丁,緞通,醸造などの工業も発達した。その後一時衰えたが,明治以降工業都市として再び発展。 1957年頃から臨海埋立地が造成され,鉄鋼,石油化学,造船,火力発電,ガスなどの大工場が立地,阪神工業地帯の一中心地となった。仁徳天皇陵を中心とする百舌鳥の古墳群 (一部は国指定史跡) や大鳥神社桜井神社 (拝殿は国宝) ,南宗寺 (仏殿,山門などは国指定重要文化財,庭園は国指定名勝) ,大安寺 (本堂は国指定重要文化財) などの古社寺,旧堺燈台 (国指定史跡) ,浜寺公園 (→浜寺 ) などがある。市域北西にある妙国寺のソテツは国の天然記念物に指定。宅地化が進み,中南部の丘陵地に泉北ニュータウンが建設され,市域をS字に泉北高速鉄道が通り,中心市街地に連絡。 JR阪和線,阪神高速4号湾岸線,15号堺線,阪和自動車道などが通じる。面積 149.82km2。人口 83万9310(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

堺市の関連情報