堺化学工業(読み)さかいかがくこうぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

堺化学工業
さかいかがくこうぎょう

化学会社。 1932年に設立,50年に大阪証券取引所に上場。無機製品主体で,塩化ビニル安定剤,バリウム亜鉛の国内シェアはトップ,酸化チタンでも有力企業となっている。バイオを駆使した新薬開発によって,医薬品業界にも参入している。売上構成比は,酸化チタン 22%,安定剤 16%,バリウム 15%,医薬品 12%,亜鉛8%,その他 27%。年間売上高 741億 9300万円 (連結。うち輸出9%) ,資本金 218億 3800万円,従業員数 808名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

堺化学工業

正式社名「堺化学工業株式会社」。英文社名「SAKAI CHEMICAL INDUSTRY CO., LTD.」。化学工業。大正7年(1918)「堺精煉所」創業。昭和7年(1932)設立。本社は堺市堺区戎之町西。酸化チタン製品の大手。ほかに樹脂添加剤・バリウム製品・医薬品などを製造。東京証券取引所第1部上場。証券コード4078。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android