コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塚原芥山 つかはら かいざん

1件 の用語解説(塚原芥山の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塚原芥山 つかはら-かいざん

1907-1945 昭和時代前期の陶芸家。
明治40年3月21日生まれ。新聞記者,代用教員などをつとめたのち愛知県瀬戸で修業,加藤唐九郎とも知りあう。昭和6年郷里の福井市にもどり窯をきずく。独力で作陶をつづけ,10年窯の名を越路窯として,花瓶などを製作した。昭和20年7月18日死去。39歳。福井中学卒。本名は正志。別号に芥,陶芥など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

塚原芥山の関連キーワード原子爆弾投下イギリス映画新聞小説ドイツ問題複成片麻岩内褶曲新派劇一竜斎貞山音楽教育名古屋(市)伊豆の踊子

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone