コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塢壁 うへきwu-bi; wu-pi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塢壁
うへき
wu-bi; wu-pi

外敵を防ぐための土壁をめぐらした,中国古代の自衛的な集落。漢代に現れ (後漢末の董卓の万歳など) ,六朝時代の戦乱期になって多くなった。この集落はしばしば数百家から数千家に及ぶ。通常,1人の指導者塢主とその配下の塢から成り,大塢壁の塢主が小塢壁の塢主を支配することもある。塢衆は通常,同郷人または同族人を主体とし,あるいは無関係の流亡人も加えて構成される。特に東晋・南朝では塢主,塢衆が村を構成することが多かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の塢壁の言及

【塢】より

…漢代辺境に置かれた〈塢候〉は前者の例。後者については,王莽(おうもう)時代以後戦乱時に民衆が〈塢壁〉を築いて自衛することが普及した。後漢末や永嘉の乱では天険を利用した山城が作られ,数百家,数千家が集結し塢主(多く豪族層)を推戴して規律ある自給的共同生活を営んだ。…

※「塢壁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

塢壁の関連キーワード外敵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android