コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩水くさび えんすいくさびsalt wedge

世界大百科事典 第2版の解説

えんすいくさび【塩水くさび salt wedge】

川底の高さが海水面より低い河川の河口部では,海水が浸入する。塩水の形状は上流ほど薄いくさび型をしており,このくさび型をした塩水を塩水くさびと呼ぶ。典型的な塩水くさびは,潮汐の小さな日本海側の河川に見られる。塩水くさびの上を流れる河川水は摩擦力により海水を押し出そうとするので,塩水くさびは浅くて河川流量が多いほど短くなる。底層には上流に向かう流れがあり,底質は塩水くさびの先端部に運ばれ,集積される傾向がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android