コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩水くさび えんすいくさびsalt wedge

1件 の用語解説(塩水くさびの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えんすいくさび【塩水くさび salt wedge】

川底の高さが海水面より低い河川の河口部では,海水が浸入する。塩水の形状は上流ほど薄いくさび型をしており,このくさび型をした塩水を塩水くさびと呼ぶ。典型的な塩水くさびは,潮汐の小さな日本海側の河川に見られる。塩水くさびの上を流れる河川水は摩擦力により海水を押し出そうとするので,塩水くさびは浅くて河川流量が多いほど短くなる。底層には上流に向かう流れがあり,底質は塩水くさびの先端部に運ばれ,集積される傾向がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone