コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩水くさび えんすいくさびsalt wedge

世界大百科事典 第2版の解説

えんすいくさび【塩水くさび salt wedge】

川底の高さが海水面より低い河川の河口部では,海水が浸入する。塩水の形状は上流ほど薄いくさび型をしており,このくさび型をした塩水を塩水くさびと呼ぶ。典型的な塩水くさびは,潮汐の小さな日本海側の河川に見られる。塩水くさびの上を流れる河川水は摩擦力により海水を押し出そうとするので,塩水くさびは浅くて河川流量が多いほど短くなる。底層には上流に向かう流れがあり,底質は塩水くさびの先端部に運ばれ,集積される傾向がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

塩水くさびの関連キーワード阿賀野川有機水銀中毒事件感潮河川

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android