コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩野義三郎(2代) しおの ぎさぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

塩野義三郎(2代) しおの-ぎさぶろう

1881-1953 明治-昭和時代の実業家。
明治14年11月15日生まれ。初代塩野義三郎の長男。父の経営する塩野義三郎商店にはいる。大正4年東京帝大の近藤平三郎を所長にむかえ,東京に乙卯(いつう)研究所を設立。9年塩野義商店社長に就任し,新薬の開発と経営の近代化につとめる。昭和18年塩野義製薬と社名を変更。昭和28年10月3日死去。71歳。大阪出身。大阪高商(現大阪市立大)卒。初名は正太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

塩野義三郎(2代)の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android