コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増幅度 ぞうふくどamplification degree

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

増幅度
ぞうふくど
amplification degree

増幅器増幅動作能力を表わす大きさで,入力と出力の大きさの比で与えられる。増幅作用がなされる入力と出力が電圧のときには電圧増幅度と呼び,電流増幅度や電力増幅度も用いられる。利得も増幅度と同じ意味で用いられるが,特に増幅度のデシベル表示を呼ぶことが一般的である。類似の用語に増幅率があるが,これは増幅器のhパラメータであるコレクタ電流とエミッタ電流の比を表わす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の増幅度の言及

【利得】より

…増幅率(増幅度)あるいはゲインともいう。増幅器での入力と出力の比。…

※「増幅度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

増幅度の関連キーワード接合型電界効果トランジスタスーパーヘテロダインアナログコンピュータレクルートメント現象アンプリダインフィードバック再生(電気)光電子増倍管スタガ回路プリアンプ中間周波数演算増幅器ハウリング進行波管ゲイン帯域幅AGCAVC脳波

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android