コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨川亭雪麿 ぼくせんてい ゆきまろ

1件 の用語解説(墨川亭雪麿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

墨川亭雪麿 ぼくせんてい-ゆきまろ

1797-1856 江戸時代後期の浮世絵師,戯作(げさく)者。
寛政9年生まれ。越後(えちご)(新潟県)高田藩の江戸詰め藩士。喜多川月麿の門下で美人錦絵(にしきえ)をえがく。戯作を柳亭種彦(りゅうてい-たねひこ)に,狂歌を鹿都部真顔(しかつべの-まがお)にまなぶ。安政3年12月5日死去。60歳。姓は田中。名は親敬。通称は善三郎。別号に敬丹舎。著作に「笠松峠雨夜菅簑(かさまつとうげあまよのすげがさ)」「恋角力赤縄取組(こいずもうえにしのとりくみ)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

墨川亭雪麿の関連キーワード蔀関月ハイネ広瀬淡窓ハイネハイネアフリカ探検新内節パニッツィ結城寅寿ミシン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone