コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

墨川亭雪麿 ぼくせんてい ゆきまろ

1件 の用語解説(墨川亭雪麿の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

墨川亭雪麿 ぼくせんてい-ゆきまろ

1797-1856 江戸時代後期の浮世絵師,戯作(げさく)者。
寛政9年生まれ。越後(えちご)(新潟県)高田藩の江戸詰め藩士。喜多川月麿の門下で美人錦絵(にしきえ)をえがく。戯作を柳亭種彦(りゅうてい-たねひこ)に,狂歌を鹿都部真顔(しかつべの-まがお)にまなぶ。安政3年12月5日死去。60歳。姓は田中。名は親敬。通称は善三郎。別号に敬丹舎。著作に「笠松峠雨夜菅簑(かさまつとうげあまよのすげがさ)」「恋角力赤縄取組(こいずもうえにしのとりくみ)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

墨川亭雪麿の関連キーワード文康大川端夕涼み葛飾為斎葛飾北目清谷等舟斗雷ならや伊八文浪正歳

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone