コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多川月麿 きたがわつきまろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜多川月麿
きたがわつきまろ

江戸時代後期の浮世絵師。文化年間 (1804~18) 頃活躍。喜多川歌麿門人。初め菊麿または喜久麿,のち月麿と改名。主要作品『二美人』 (東京国立博物館) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多川月麿 きたがわ-つきまろ

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
江戸の人。喜多川歌麿(うたまろ)の門人。寛政-文化(1789-1818)のころに活動。菊麿,喜久麿,月麿と名をあらため,のち観雪と称した。美人画花鳥画の版画がおおく,享和以後は草双紙の挿絵や肉筆画をえがいた。姓は小川。名は潤。字(あざな)は子(士)達。通称は千助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

喜多川月麿の関連キーワード墨川亭雪麿北川美丸

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android