コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多川月麿 きたがわつきまろ

2件 の用語解説(喜多川月麿の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

喜多川月麿
きたがわつきまろ

江戸時代後期の浮世絵師。文化年間 (1804~18) 頃活躍。喜多川歌麿の門人。初め菊麿または喜久麿,のち月麿と改名。主要作品『二美人』 (東京国立博物館) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多川月麿 きたがわ-つきまろ

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
江戸の人。喜多川歌麿(うたまろ)の門人。寛政-文化(1789-1818)のころに活動。菊麿,喜久麿,月麿と名をあらため,のち観雪と称した。美人画や花鳥画の版画がおおく,享和以後は草双紙の挿絵や肉筆画をえがいた。姓は小川。名は潤。字(あざな)は子(士)達。通称は千助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

喜多川月麿の関連キーワード文康歌川広近(初代)葛飾北目葛飾雷周珠雀斎清谷詮茂等舟文浪嶺斎泉里