喜多川月麿(読み)きたがわつきまろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多川月麿 きたがわ-つきまろ

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
江戸の人。喜多川歌麿(うたまろ)の門人。寛政-文化(1789-1818)のころに活動。菊麿,喜久麿,月麿と名をあらため,のち観雪と称した。美人画花鳥画の版画がおおく,享和以後は草双紙の挿絵や肉筆画をえがいた。姓は小川。名は潤。字(あざな)は子(士)達。通称は千助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android