壁織物(読み)かべおりもの

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壁織物
かべおりもの

壁糸を緯(よこ)糸に使い、織面に縮緬(ちりめん)のような細かい「しぼ」を出した織物。壁糸とは、強い撚(よ)りをかけた太い糸(地糸)に、それとは別の細い糸(芯(しん)糸)とを引きそろえにし、始めの撚りとは反対の方向に上(うわ)撚りをかけると、細い糸に太い糸が螺旋(らせん)状に巻き付いて飾り糸ができる。この糸があたかも、日本家屋の真壁(しんかべ)の下地になる間渡(まわた)し竹に小舞(こまい)縄を使った形と同じような外観となるために壁糸といい、これを緯糸に織り込んだものを壁織物という。もとは絹糸を使ったが、人絹、レーヨンのものもあり、壁糸独特のごつごつした感じと細かい「しぼ」のため、縮緬とは違った風合いをもち、壁お召、壁縮緬、壁絽(ろ)などの生地につくられ、夏の着尺地や婦人子供服地に用いられる。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android