壱伎韓国(読み)いきの からくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壱伎韓国 いきの-からくに

?-? 飛鳥(あすか)時代の武人。
壬申(じんしん)の乱(672)における大友皇子方の将軍。大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)方の坂本財(たから)軍を衛我(えが)河(石川)の西でやぶり,大和(奈良県)に進軍。大伴吹負(おおともの-ふけい)軍と当麻(たぎま)の葦池(あしいけ)でたたかい敗走した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

壱伎韓国

生年:生没年不詳
壬申の乱(672)の大友皇子(近江朝)方の武将。史姓で渡来系氏族。はじめ河内に陣し,高安城(奈良県生駒郡と大阪府八尾市の境)から降ってきた大海人皇子(のちの天武天皇)方の坂本財を衛我河(石川)の辺で退け,大海人方に味方しようとした河内守来目塩籠を自殺に追いこんだ。次いで大和に入って当麻(奈良県当麻町)の葦池の辺の戦で,大海人方の将軍大伴吹負に敗れて遁走。

(今泉隆雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android