コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壱伎韓国 いきの からくに

2件 の用語解説(壱伎韓国の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壱伎韓国 いきの-からくに

?-? 飛鳥(あすか)時代の武人。
壬申(じんしん)の乱(672)における大友皇子方の将軍。大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)方の坂本財(たから)軍を衛我(えが)河(石川)の西でやぶり,大和(奈良県)に進軍。大伴吹負(おおともの-ふけい)軍と当麻(たぎま)の葦池(あしいけ)でたたかい敗走した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

壱伎韓国

生年:生没年不詳
壬申の乱(672)の大友皇子(近江朝)方の武将。史姓で渡来系氏族。はじめ河内に陣し,高安城(奈良県生駒郡大阪府八尾市の境)から降ってきた大海人皇子(のちの天武天皇)方の坂本財を衛我河(石川)の辺で退け,大海人方に味方しようとした河内守来目塩籠を自殺に追いこんだ。次いで大和に入って当麻(奈良県当麻町)の葦池の辺の戦で,大海人方の将軍大伴吹負に敗れて遁走。

(今泉隆雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壱伎韓国の関連キーワード壬申の乱韋那磐鍬大分稚見置始菟樟磐手社戸大口田辺小隅智尊中臣金宅子娘