売買同時入札制度(読み)ばいばいどうじにゅうさつせいど(英語表記)Simultaneous Buy and Sell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

売買同時入札制度
ばいばいどうじにゅうさつせいど
Simultaneous Buy and Sell

SBS方式ともいう。国際貿易において,輸入業者が政府に売る価格と,卸業者が政府から買う価格を,両方の業者があらかじめ相談して決め,連名で入札する制度。 1984年牛肉輸入の際に採用され,95年のコメの部分開放開始に伴って再度採用されることになった。コメ輸入の場合,ガット・ウルグアイ・ラウンド合意で認められた輸入差益 (マーク・アップ) の上限 (1kgあたり 292円) をこえない範囲内で最も差益の大きいものから順に落札される。輸入差益は政府が徴収し,備蓄経費にあてられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android