コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

びまん性汎細気管支炎 びまんせいはんさいきかんしえんDiffuse Panbronchiolitis(DPB)

家庭医学館の解説

びまんせいはんさいきかんしえん【びまん性汎細気管支炎 Diffuse Panbronchiolitis(DPB)】

◎せきとたんが続き、息切れも
[どんな病気か]
 気管支は、十数回も枝分かれをくり返して最終的に肺胞(はいほう)に行きつきますが、肺胞と末梢(まっしょう)の気管支をつなぐ領域を、呼吸細気管支(こきゅうさいきかんし)と呼んでいます。
 びまん性汎細気管支炎は、この呼吸細気管支に、慢性の炎症がおこる病気です。
 炎症が左右の肺にびまん性(広い範囲)に生じるために、強い呼吸障害をきたします。
 発症には男女差はほとんどみられず、40~50歳代をピークに、各年代層にわたります。
 びまん性汎細気管支炎をおこした人のほとんどが、慢性副鼻腔炎(まんせいふくびくうえん)(蓄膿症(ちくのうしょう)(「慢性副鼻腔炎(蓄膿症)」))を患(わずら)ったことがあるか、現在も慢性副鼻腔炎にかかっています。
 長期にせきやたんが出ることから、慢性気管支炎(まんせいきかんしえん)(「慢性気管支炎」)や気管支拡張症(きかんしかくちょうしょう)(「気管支拡張症」)との区別が必要です。
 気管支の慢性的な感染が進行して、かつては呼吸不全状態におちいることが通常でした。しかし、最近ではエリスロマイシン療法(この項目の治療薬の長期服用が基本)によって、早期に治療を始めれば治る病気になっています。
 原因は不明ですが、家族に慢性副鼻腔炎や気管支の病気をもった人がいる場合が多く、日本人など東アジアに多くみられ、欧米人にはほとんどみられないことなどから、人種的な体質が関係していると考えられています。
[症状]
 数か月から数年にわたって持続するせきとたん、進行する労作時(ろうさじ)の息切れがおもな症状です。
 ひっきりなしに黄色い膿性(のうせい)のたんが出るようになります。
 また、ほとんどが慢性副鼻腔炎の既往や合併があるために、鼻汁(びじゅう)、鼻づまり、鼻汁がのどの後ろにたれる後鼻漏(こうびろう)、嗅覚(きゅうかく)の障害などもしばしばみられます。そして呼吸不全が進行すると、くちびる、爪(つめ)にチアノーゼがみられるようになります。
[検査と診断]
 胸部のX線検査とCT検査によって、この病気に特徴的な陰影(びまん性粒状陰影(せいりゅうじょういんえい))がみられるかどうかを調べます。副鼻腔のX線検査も行ないます。
 このほか、呼吸機能検査、動脈血ガス分析によって呼吸障害の性質と程度を調べることや、血液検査、喀(かく)たんの細菌検査を行ないます。ときに、気管支鏡や胸腔鏡(きょうくうきょう)を使って、肺の組織検査を行なうこともあります。
◎治療薬の長期服用が基本
[治療]
 エリスロマイシンの少量、長期の服用がもっとも重要な治療(エリスロマイシン療法)となります。エリスロマイシンのかわりに、同系統のクラリスロマイシンや、ロキシスロマイシンなどが使われることもあります。
 これらの薬剤は、本来は細菌を殺すための抗生物質ですが、この治療法では、気管支の分泌液(ぶんぴつえき)の過剰分泌を抑えて、気管支と呼吸細気管支の炎症を改善させる特殊な作用を目的として使われます。そのために、抗菌作用を目的とする場合よりも少ない量(エリスロマイシンでは1日400~600mg)を、6か月~2年以上の長期にわたって服用します。
 エリスロマイシン療法と並行して、たんの切れの改善を目的とした去痰薬の使用や、ネブライザーによる吸入療法(コラム「ネブライザー療法(霧滴吸入療法)」)が行なわれます。
 呼吸がゼーゼーいうようなぜんそくに似た症状がみられるときには、気管支拡張薬が使用されます。
 また、呼吸不全の状態にある場合には、在宅酸素療法(「在宅酸素療法」)が行なわれますが、エリスロマイシン療法によって病気が改善すれば、離脱できる場合も少なくありません。
 かぜをひいたときなど、発熱したり、急にたんが濃くなって量が増えたりした場合には、エリスロマイシンとは別の強力な抗生物質(ペニシリン系、セフェム系抗生物質)やニューキノロン系抗菌薬が2~3週間、エリスロマイシンと合わせて使用されます。
[日常生活の注意]
 もっともたいせつなことは、かぜをひかないように気をつけることです。冬にインフルエンザにかからないよう、予防注射も行なったほうがよいのです。
 喫煙など、気管支に刺激を与える習慣は、やめなければなりません。
 たんは、ためておかずにできるだけどんどん出したほうがよく、たんをためる作用のあるせき止めは、あまり使ってはいけません。治療が開始されて1か月もたつと、たんの量は減ってきます。
 食事は何を食べても差し支えありません。治療がうまく進むと、息切れも軽くなって、体重も増えてきます。
 発熱があるとき以外は安静は必要なく、積極的な日常生活をすごしてください。
[予防]
 原因不明の病気で、発病を予防する方法はありませんが、かぜをひかないこと、禁煙を心がけることがたいせつです。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

びまん性汎細気管支炎の関連キーワード老化にともなう呼吸器の病気と症状副鼻腔気管支症候群閉塞性肺疾患

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android