コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

売買手数料 ばいばいてすうりょう

2件 の用語解説(売買手数料の意味・用語解説を検索)

会計用語キーワード辞典の解説

売買手数料

有価証券の売買を、投資家が証券会社を通じて行う際に、証券会社に支払う手数料のことです。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

株式公開用語辞典の解説

売買手数料

投資家が有価証券の売買を、証券会社を通じておこなう際に、証券会社に対して支払う手数料のこと。売買取引をおこなう際の方法として、委託売買仕切売買の2つがある。委託売買を行った際に売買注文は、証券会社を経由して証券取引所で執行されるが、投資家は売買手数料として、証券会社に対して委託手数料を支払う。個人投資家が株式売買をおこなう場合には、この場合が多い。一方、仕切売買は、主に委託売買のように取引所で集中的に売買がされない証券の売買をおこなう場合などで行われ、債券の売買の多くが仕切売買によっておこなわれる。売買手数料に関しては、委託売買と同様に証券会社にあらかじめ決められた手数料を支払う場合と、売買値段に手数料を含めてしまう場合とがある。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

売買手数料の関連キーワードディーラー保管店頭取引混蔵保管投資証券売買委託手数料店頭有価証券店頭売買有価証券

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

売買手数料の関連情報