コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変成拡散作用 へんせいかくさんさよう metamorphic diffusion

1件 の用語解説(変成拡散作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

変成拡散作用

岩石の構成分子が移動と拡散を行う過程.拡散作用は固相ばかりとは限らないが,変成作用における拡散作用は全て固体状態の場合を重視している.変成作用の途中に以前からの境界を越えて固相で物質が移動する結果,変成作用以前の岩石の境界は消されたり不鮮明となる[Stillwell : 1918].変成作用の過程で物質移動の機構に拡散を取り入れたのはスティルウェルで,その後現在まで花崗岩化作用など多くの研究に拡散現象が取り入れられ,変成作用の解釈が行われている[Bugge : 1946, Perrin & Roubault : 1937, 1939, 1949, Ramberg : 1952].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

変成拡散作用の関連キーワード解離正孔変形岩石成分メタトロピー異化学的変成作用分子機械的作用アルカイオモルフィック火成摩擦岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone