コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立憲君主制 りっけんくんしゅせいconstitutional monarchy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立憲君主制
りっけんくんしゅせい
constitutional monarchy

憲法によりその権力の行使が制限された君主制制限君主制 limited monarchyとほぼ同一で,絶対君主制と相対する。国民の自由および国政参加への要求との妥協のうえに成立したものであるが,市民階級の成熟度の相違を反映して,君主の権力が大幅に温存され,君主が依然として統治の中心を占める場合 (例:プロシア。大日本帝国憲法下の天皇制もこれに属する。しばしば外見的立憲主義と呼ばれる) と,君主の地位が名目化し,議会およびそれに依拠する内閣が統治の中心を占める場合 (例:イギリス) とに分れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りっけん‐くんしゅせい【立憲君主制】

立憲主義基礎とした君主制近代における絶対君主が、台頭してきた市民階級の民主主義的要求と妥協した結果生まれたもの。制限君主制。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

立憲君主制【りっけんくんしゅせい】

君主が統治権を保有しているが,その運用は憲法に従う政治体制。英語でconstitutional monarchy。専制君主制と対照的。絶対主義下で君主の権限を制限する過程で生み出された。
→関連項目改進党政体副署

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りっけんくんしゅせい【立憲君主制 constitutional monarchy】

君主の権力が憲法による規制を受けている君主制。西欧中世において,君主は伝統的,慣習的な法規範の規制を受けていたが,封建制度が動揺をはじめるにつれて,みずからの権力の拡張をはかった。これに対して封建諸侯は等族会議に結集してみずからの伝統的権利を主張し,この過程で,根本法と呼ばれる伝統的規範が国制の原理として確認されていった。ルネサンス宗教改革を経て絶対主義の時代にはいる過程で,フランスにおいては三部会が開かれなくなり,ドイツでは領邦ごとの国家形成が進められることになるが,イギリスにおいてはマグナ・カルタ以来の伝統をうけついで議会が発達をとげ,清教徒革命名誉革命を経て,議院内閣制が成立していった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りっけんくんしゅせい【立憲君主制】

憲法に従って君主が政治を行う制度。君主の権力が憲法によって制限されている君主制。近代市民階級の擡頭により絶対君主制が崩壊し、君主権が議会などの制限をうけることにより成立した。制限君主制。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

立憲君主制
りっけんくんしゅせい
constitutional monarchy

君主の権力を憲法によって制限している政治形態。立憲君主制は、絶対君主を打倒して近代国家を形成した17世紀イギリスにおいて最初に確立された。もともとイギリスでは、13世紀末以来、議会の地位と権限が順調に発展してきたため、君権は、議会の制定した法律や決定に制限されるという権力制限的思考が強かった。しかし17世紀に入って、君主がその権限の拡大強化を図り絶対君主の道を追求し始めたため、市民革命が起こった。したがって、名誉革命後のイギリスにおいては、立法権をもつ議会(国王・上院・下院)が行政権をもつ国王に優位するという政治思想が確立された。さらにイギリスでは、18世紀中葉以降、行政権は事実上内閣の掌握するところとなり、続いて19世紀に入って政党政治が確立されるなかで、多数党の形成する内閣が議会に対して責任を負うという形での議院内閣制が政治運営上の基本原則となるに及んで、イギリスは、世界における民主主義国家のモデルとなった。
 なるほど、イギリス国王は今日においても国の元首であり、形式的には行政権の長である。しかし、1931年のウェストミンスター憲章によって、イギリス国王は連合王国British Kingdomの象徴としての地位についたから、イギリスは立憲君主制国ではあるが、その政治の実態は、アメリカや今日のフランス、旧西ドイツなどの共和国と同じものであるといえよう。他方、第一次世界大戦前のドイツや戦前の日本でも憲法は存在したが、そこでは、君主や天皇が行政権を掌握し、数々の強大な大権を有し、議会の権限はきわめて弱かったから、立憲君主制といってもそれは名ばかりで、とうていこれらの国々は民主主義国家とはいえなかった。このような立憲君主制は外見的立憲主義とよばれ、イギリスのような立憲君主制は議会主義的君主制とよばれる。
 第二次世界大戦後も君主を擁する国々――その数はいまや十数か国にすぎない――が存在するが、そのほとんどはイギリス型の立憲君主制をとっており、ベルギー、ルクセンブルクなどのように憲法上、国民主権主義を明記している国もある。戦後日本では、憲法上、国民主権主義を明確化し、天皇主権主義を廃止し、天皇は政治的権限をもたない象徴的地位についた。この意味で戦後の日本は、事実上、国民主権主義をとる民主国家と規定できよう。[田中 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

立憲君主制の関連キーワードアルベルト[ザクセン=コーブルク=ゴータ]ビットリオ・エマヌエレ[2世]北方結社[デカブリスト]オーストラリア共和制論議フランクフルト国民議会ロイヤルウェディングリヒテンシュタインカルロ・アルベルトアイッツボル憲法ラ・ファイエットフレデリック7世ニュージーランドルイ[18世]ルクセンブルク三酔人経綸問答シュレーツァー民主化記念塔ベルギー憲法マッツィーニムラビヨフ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立憲君主制の関連情報