コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏・秋採用

1件 の用語解説(夏・秋採用の意味・用語解説を検索)

就活用語集(就活大百科 キーワード1000)の解説

夏・秋採用

4月に一括採用する春採用に対して、夏、または秋に採用試験を行う新しい採用スタイルのこと。従来、新卒採用といえば春に限られていましたが、留学生が増えてきた数年前から、9月卒業の学生向けに一定の枠を残して「秋採用」を行う企業が多くなってきました。さらに、昨年あたりからは春採用のあとにもうひと山、採用のピークとして「夏採用」を取り入れる企業が出てきています。この背景には、「就職倫理憲章」の影響があります。日本経済団体連合会が発表したこの倫理憲章は、新卒学生の採用選考の早期化を自粛するために、採用活動を4月1日から行うように取り決めたもの。一種の紳士協定のようなもので、一部上場企業をはじめ、2008年度は895社がこの協定に賛同しています。その結果、採用の選考が4月に集中し、春に採用予定人数を確保できない企業が出てきました。夏採用はこうした状況を受けての新しい流れ。学生にとってはうれしいチャンス拡大といえます。

出典|マイナビ2012 -学生向け就職情報サイト-
Copyright Mainichi Communications Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

夏・秋採用の関連キーワード未経験採用未経験者採用キャリア採用採用通知採用代行経験者採用新卒採用採否時価評価新規学卒一括採用

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone