コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏座敷 ナツザシキ

デジタル大辞泉の解説

なつ‐ざしき【夏座敷】

ふすま・障子などを取り外して風通しをよくし、調度類も涼しげに整えた夏の座敷。 夏》「山も庭もうごき入るるや―/芭蕉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なつざしき【夏座敷】

開け放して風通しを良くしたり、室内を夏向きの装いにした座敷。 [季] 夏。 《 山も庭もうごき入るゝや- /芭蕉 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

夏座敷の関連キーワード夏向きふすま(麩)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android