夏沸瘡(読み)なつぶし

精選版 日本国語大辞典「夏沸瘡」の解説

なつ‐ぶし【夏沸瘡】

〙 夏に、子どもの頭にできたあせもなどが化膿して頭瘡になったもの。夏ぼし。夏むし。《季・夏》
※俳諧・犬子集(1633)三「夏ふしの出くるはの子供かな〈成安〉」

なつ‐ぼし【夏沸瘡】

〘名〙 =なつぶし(夏沸瘡)《季・夏》 〔俳諧・俳諧歳時記栞草(1851)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「夏沸瘡」の解説

なつ‐ぶし【夏沸瘡】

夏、あせもが化膿して、子供の頭に発するできもの。なつぼし。なつむし。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android