コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成安 じょうあん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成安 じょうあん

1582?-1664 江戸時代前期の俳人。
天正(てんしょう)10年?生まれ。もと和泉(いずみ)(大阪府)堺(さかい)の商人。半井云也(なからい-うんや)にまなび,出家して俳諧(はいかい)に専念。西山宗因らとまじわる。寛文3年「埋草(うもれぐさ)」を刊行した。寛文4年閏(うるう)5月26日死去。83歳?姓は成安(なりやす)。通称は四郎右衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の成安の言及

【雑掌】より

…10世紀には〈在京雑掌〉といわれ,諸国の京都における出先機関の性格をいっそう強めた。これが国(くに)雑掌で,その国の〈形勢〉や〈土風〉に通ずるとともに,京にいて,国よりの貢進物に関する公文を扱ったが,やがて1005年(寛弘2)の山城国雑掌の秦成安を初見として,13世紀前半にいたるまで甲斐の三枝(さえぐさ),近江の安(野州),加賀の江沼,讃岐の綾などのように諸国の有力な土豪の姓を持ち,共通して〈成安(しようあん)〉を仮名(けみよう)とする諸国の雑掌が活動するようになる。このころすでに国守による諸国の貢進物の請負体制が形成されていたが,国雑掌は京都でその国の封戸物,諸司への納物等に関する文書を扱っただけでなく,その徴収・弁進・所済の責任を負い,封戸主・諸司などと国との間で紛争がおこった場合には,国の利害を主張する訴訟の当事者となったのである。…

※「成安」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

成安の関連キーワード大阪府大阪市中央区道頓堀ウィーン文書1992京都成安高等学校伊庭 伝次郎伊藤 久三郎成安造形大学江里佐代子環 三千世瀬尾 チカ番忠左衛門元永定正池島成之瀬尾チカ多木正重安井道頓平野郷道頓堀

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成安の関連情報