コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夔鳳文 キホウモン

世界大百科事典 第2版の解説

きほうもん【夔鳳文 kuí fèng wén】

中国の殷・周時代の青銅器に飾られた文様の一つ。鳥頭で口ばしが下に下がったような,長身の怪獣を側面から見た形の文様である。夔とは大きな目をした一角一足の怪獣で,夔鳳文は夔竜文から変化したもので,この両者の区別がむずかしいので夔文の名称で総括されることもある。夔鳳文は相対する1対の夔鳳の文様が多く,頭には冠があり,一角にもみえる。先端が下に曲がった口ばし,翼,尾などが表現される。地文には雷文が施されるのが普通である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きほうもん【夔鳳文】

古代中国で主に殷周いんしゆう時代の青銅器に用いられた文様。細長い怪獣の側面形で、角つの、大きな目、くちばしがある。夔文。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

夔鳳文の関連キーワード中国銅器

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android