夔鳳文(読み)キホウモン

デジタル大辞泉「夔鳳文」の解説

きほう‐もん【××鳳文】

中国、いん・周時代の青銅器などにみられる空想文様。曲がったくちばし、大きなとさか、わしのようなけづめをもつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「夔鳳文」の解説

きほうもん【夔鳳文 kuí fèng wén】

中国の殷・周時代の青銅器に飾られた文様の一つ。鳥頭で口ばしが下に下がったような,長身怪獣側面から見た形の文様である。夔とは大きな目をした一角一足の怪獣で,夔鳳文は夔竜文から変化したもので,この両者区別がむずかしいので夔文の名称で総括されることもある。夔鳳文は相対する1対の夔鳳の文様が多く,頭にはがあり,一角にもみえる。先端が下に曲がった口ばし,などが表現される。地文には雷文が施されるのが普通である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android