夕電(読み)セキデン

精選版 日本国語大辞典の解説

せき‐でん【夕電】

〘名〙 夕べの電光。夕方のいなびかり。「朝露夕電」の形で、消えやすくはかないもののたとえとして用いられる。
※愚迷発心集(1213頃)「万事実無きこと朝露に異ならず、夕電に相同じ」
※浮世草子・新可笑記(1688)二「人の命は朝露夕電(セキデン)のごとし。鳥部山富士の烟の立替りても同じ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android