コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外回転術 がいかいてんじゅつ external version

1件 の用語解説(外回転術の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

がいかいてんじゅつ【外回転術 external version】

胎児の位置が骨盤位(逆児(さかご))や横位(横たわった位置)にあるとき,頭が下になる頭位となるように腹壁上から胎児を回転させる胎位矯正術をいう。妊娠中の羊水量は第7~8月ごろ最も多く,その中に浮いている胎児はそのころ骨盤位をとることが多い(20%くらい)が,分娩が近づくと5%くらいに減少する。これを自然回転という。したがって第7~8月ごろの骨盤位を矯正しても意味がない。そこで外回転術を行うとすれば第9月(妊娠満32週)以降に行うわけであるが,そのころには羊水が減少していて,狭い子宮腔内で胎児を回転させることは容易ではない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

外回転術の関連キーワード鉗子分娩骨盤位逆子狭骨盤反逆児児頭骨盤不適合胎位異常アリル転移パジョーの法則特殊な分娩

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone