外回転術(読み)がいかいてんじゅつ(英語表記)external version

世界大百科事典 第2版の解説

がいかいてんじゅつ【外回転術 external version】

胎児の位置が骨盤位(逆児(さかご))や横位(横たわった位置)にあるとき,頭が下になる頭位となるように腹壁上から胎児を回転させる胎位矯正術をいう。妊娠中の羊水量は第7~8月ごろ最も多く,その中に浮いている胎児はそのころ骨盤位をとることが多い(20%くらい)が,分娩が近づくと5%くらいに減少する。これを自然回転という。したがって第7~8月ごろの骨盤位を矯正しても意味がない。そこで外回転術を行うとすれば第9月(妊娠満32週)以降に行うわけであるが,そのころには羊水が減少していて,狭い子宮腔内で胎児を回転させることは容易ではない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android