コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外国貿易比率 がいこくぼうえきひりつforeign trade ratio

1件 の用語解説(外国貿易比率の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外国貿易比率
がいこくぼうえきひりつ
foreign trade ratio

一国の国民経済のなかで貿易の占める比率。輸入額÷国民総生産 GNP (または国民所得) を輸入依存度といい,その国の輸入需要構造を示し,輸出額÷国民総生産 (または国民所得) を輸出依存度といい,輸出供給構造を表わす。両者を総合した意味で,(輸出額+輸入額)÷国民総生産 (または国民所得) を貿易依存度といい,経済全体がどの程度世界経済と結びついているかを示す指標となる。依存関係を重視するときには,全体の輸出入額ではなく,国内の個々の基幹産業製品や原材料についての海外依存度,つまり (輸入額-輸出額)÷(国内生産額+輸入額-輸出額) や自給率にも注意が必要である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone