コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貿易依存度 ぼうえきいぞんどdegree of dependence upon foreign trade

知恵蔵の解説

貿易依存度

一国の国内総生産(GDP)または国民所得に対する輸出入額の比率(輸出依存度輸入依存度)をいう。一般にGDPの小さい国ほど、貿易依存度は大きい。これは、GDPが小さい国の場合、自国市場だけで全ての産業を自給自足的に成立させることは難しく、国外市場への輸出もしくは国外供給地からの輸入に頼らざるを得ないためである。戦後の世界貿易は世界経済の伸びを上回って拡大しており、世界的に貿易依存度は高まってきているといえる。日本の2005年の輸出入依存度は、それぞれ11.8%、10.3%である。

(永田雅啓 埼玉大学教授 / 松尾寛 (株)三井物産戦略研究所副所長 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼうえき‐いそんど【貿易依存度】

一国の経済が貿易に依存している度合いを示す指標国民総生産または国民所得に対する輸出額・輸入額の比率で表す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

貿易依存度【ぼうえきいぞんど】

外国貿易が国民経済に貢献する度合をいい,ふつう1年間の国民総生産GNP)または国民所得に対する輸出入合計額の割合で示す。分子を輸出と輸入に分けてそれぞれ輸出依存度,輸入依存度ということが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうえきいそんど【貿易依存度】

一国の経済が貿易によりかかる度合。普通、国民総生産または国民所得に対する貿易額の割合で表す。 → 輸出依存度輸入依存度

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貿易依存度
ぼうえきいぞんど

外国貿易比率」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貿易依存度
ぼうえきいぞんど
degree of dependence upon foreign trade

一国の経済における外国貿易の重要度を表す指標をいう。通常は、貿易額(輸出額と輸入額の合計)を国民所得(国内総生産あるいは国民総生産)で割った比で表される。輸出額を国民所得で割った輸出依存度や、輸入額を国民所得で割った輸入依存度で、貿易依存度を表すこともある。なお、商品ごとの輸入依存率というときには、それぞれの商品について輸入額を国内生産額プラス輸入額で割った比を意味する。
 貿易依存度は、その国の国土の広さや国民所得の大きさ、経済発展や技術進歩の程度、産業構造、貿易政策のあり方などによって異なるであろう。一般に国土の狭い国では、気候条件や天然資源に偏りがあり、また規模の経済をあらゆる産業で享受するには国内市場だけでは狭すぎるなどの理由から、貿易依存度は高くなる傾向がある。ことに経済発展に伴って消費が多様化すると、そのような傾向が強くなる。オランダやベルギーなどの貿易依存度が高く、アメリカの貿易依存度が低いのは、そのような理由からである。技術進歩は、一方では輸送手段や通信手段の発達に伴う輸送費や取引費用の低廉化によって、貿易依存度を高める要因となるが、他方では天然原料にかわる合成原料の開発を通じて輸入依存度を低下させる効果もある。産業構造の変化については、第三次産業は貿易依存率が低いから、産業構造の高度化は貿易依存度を低くする一因となる。
 日本の貿易依存度は、1887~1896年(明治20~29)には平均で9%台であったが、その後しだいに上昇し、1907~1916年(明治40~大正5)には23%台になり、1930~1939年(昭和5~14)には34%台にまで高まった。第二次世界大戦後、貿易依存度は大きく落ち込み、1951~1955年(昭和26~30)には平均で約10%にすぎなかったが、その後回復し、1966~1970年には20%を超え、1981~1985年には平均で23%台になった。しかしその後、ふたたび低下し、1990年(平成2)には16%台、1995年には14%台に落ち込んだ。[志田 明]
 以後、日本の貿易依存度はゆるやかに上昇し、2005年に24.4%、2006年に28.2%、2007年に30.1%、2008年に31.6%となっている。なお、2008年における各国の貿易依存度をみてみると、アメリカは24.3%と低いが、ドイツ72.6%、中国59.2%、韓国92.3%と日本と比べてかなり高くなっている。[前田拓生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

貿易依存度の関連キーワードポンド(イギリスの通貨単位)ルクセンブルク(国)購買力の国際的移転外国為替専門銀行阪神工業地帯ベルファストクローネベルギー

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貿易依存度の関連情報