コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外山算節 とやま さんせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

外山算節 とやま-さんせつ

?-? 江戸時代後期の囲碁棋士。
京都にすむ。本因坊元丈(げんじょう)の高弟。文政5年(1822)本因坊丈和(じょうわ)と京都寂光寺で対局した際,途中で卒倒して人事不省となる。意識回復後,局面が互角であることを確認し,打ちかけとした。6段。紀伊(きい)和歌山出身。著作に「置碁必勝」「置碁必勝後編」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

外山算節の関連キーワード川北耕之助

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android