コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

人事不省 ジンジフセイ

デジタル大辞泉の解説

じんじ‐ふせい【人事不省】

昏睡(こんすい)状態に陥り、意識を失うこと。「人事不省に陥る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じんじふせい【人事不省】

意識不明・昏睡状態になること。 「 -に陥る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人事不省
じんじふせい

意識が持続的に完全に消失した状態をいうが、このような意識障害は、呼びかけ・痛覚に対する反応、自発運動、反射などによって、軽いものから高度のものへの順で、無関心、傾眠、昏眠(こんみん)、昏睡の段階に分けられる。もっとも高度の意識障害である昏睡は、刺激を与えても反応がなく、覚醒(かくせい)しない。また、自発運動はまったくみられず、筋肉は弛緩(しかん)し、瞳孔(どうこう)反射は多くの場合消失する。昏睡は、腎(じん)疾患、肝疾患、糖尿病、脳症、頭部外傷、心疾患、熱射病、各種中毒などの場合におこすことが多い。なお、ごく短時間の一過性の意識消失を失神という。[井上義朗]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

人事不省の関連キーワードアルコールによる心の病気夏目漱石(年譜)アルコール中毒戦争と平和アトロピン高温障害徳冨蘆花西郷隆盛夏目漱石早打ち肩一年神主外山算節野中至扁鵲菊屋昏睡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人事不省の関連情報