人事不省(読み)ジンジフセイ

デジタル大辞泉の解説

じんじ‐ふせい【人事不省】

昏睡(こんすい)状態に陥り、意識を失うこと。「人事不省に陥る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

人事不省
じんじふせい

意識が持続的に完全に消失した状態をいうが、このような意識障害は、呼びかけ・痛覚に対する反応、自発運動、反射などによって、軽いものから高度のものへの順で、無関心、傾眠、昏眠(こんみん)、昏睡の段階に分けられる。もっとも高度の意識障害である昏睡は、刺激を与えても反応がなく、覚醒(かくせい)しない。また、自発運動はまったくみられず、筋肉は弛緩(しかん)し、瞳孔(どうこう)反射は多くの場合消失する。昏睡は、腎(じん)疾患、肝疾患、糖尿病、脳症、頭部外傷、心疾患、熱射病、各種中毒などの場合におこすことが多い。なお、ごく短時間の一過性の意識消失を失神という。

[井上義朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じんじ‐ふせい【人事不省】

〘名〙 (Bewustlosigkeit の訳語) 昏睡状態に陥り、意識不明になること。知覚が全くなくなること。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「火酒の甕辺に坐して独り大杯を傾け人事不省に至らされば止まず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

人事不省

昏睡状態に陥り、意識不明になること。また、気絶して知覚が全くなくなること。

[使用例] 妻の心覚えに付けた日記を読んでみて、〈略〉ノウヒンケツ〈略〉を起こし人事不省に陥るとあるのに気がついた時[夏目漱石*思ひ出す事など|1910~11]

[使用例] そこはいつか、雪雄が田毎と喧嘩して、頭を撃ち、人事不省におちた場所である[舟橋聖一*若いセールスマンの恋|1954]

[解説] 「人事」は人のなし得る事柄、「不省」は省みないこと。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報