コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外山脩造 とやま しゅうぞう

2件 の用語解説(外山脩造の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

外山脩造 とやま-しゅうぞう

1842-1916 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)13年11月10日生まれ。慶応義塾にまなび,大蔵省をへて大阪第三十二国立銀行の総監役。明治15年日銀大阪支店長。欧米を視察後,25年大阪に日本初の商業興信所を設立した。同年衆議院議員。32年阪神電気鉄道社長。大正5年1月13日死去。75歳。越後(えちご)(新潟県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

外山脩造

没年:大正5.1.13(1916)
生年:天保13.11.10(1842.12.11)
明治期の実業家。阪神電鉄の初代社長。越後国(新潟県)長岡藩の藩士安井伝の子。のちに外山家を継いだ。同藩の執政河井継之助の影響を受け,明治1(1868)年の戊辰戦争時には河井に従って長岡での戦に参加した。2年に東京に出て慶応義塾に学び,のちに開成学校に移り,さらに共立学舎に入った。5年に秋田県立学校の教員となったが,その後大蔵省紙幣寮翻訳課勤務となり,さらに11年に第三十二国立銀行(大阪)の総監役に転じた。次いで15年には日本銀行理事・大阪支店長となったが,日銀総裁富田鉄之助と意見が合わず,18年に日銀を去り,20年から翌21年にかけて欧米諸国の経済視察のため出発した。そのとき,ニューヨーク電気鉄道の模型を見学して感銘を受け,私鉄の経営を志したと伝えられる。32年に阪神電気鉄道株式会社が設立されたとき,外山は初代社長に選任された。そのほか奈良鉄道,総武鉄道,北海道鉄道,博多湾鉄道などの設立や経営に関与した。16年の大阪倉庫株式会社(のちに鴻池家が経営)の創設や,23年の大阪貯蓄銀行(頭取鴻池善右衛門)の開業,25年の日本火災保険株式会社(大阪,社長平瀬亀之輔)の設立,31年の大阪舎密工業株式会社(コークスの製造など)の創業などにも力を注いだ。そのほか31年の浪速銀行の設立に際しては頭取に選ばれ,同行はさらに共立銀行,明治銀行を合併して経営を拡大した。<参考文献>宮本又次編『上方の研究』5巻

(作道洋太郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外山脩造の関連キーワード甲子園阪神電気鉄道野田誠三岡本桜鳥井駒吉中井励作原田金之祐平賀敏三崎省三三村起一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone