コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外殻電子 がいかくでんし

世界大百科事典内の外殻電子の言及

【電子】より

…これらの電子のうち,原子核にごく近い軌道上にあるものは内殻電子,または芯電子と呼ばれる。一方,外側の軌道を回り,比較的弱く原子核にとらえられている電子は外殻電子,または価電子と呼ばれ,物質の化学的な性質や物理的な性質を決定づけている。例えば原子が化学結合して分子や固体を形成するのは価電子の働きによっている。…

※「外殻電子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外殻電子の関連キーワードルイス‐ラングミュアの原理ファン・デル・ワールス力モリエールポテンシャルローゼンタール発振イオン化エネルギーアベッグの規則分子スペクトルオージェ電子赤銅鉱型構造非共有電子対フントの法則オージェ効果固体電子論希ガス元素イオン結合偏極ビームドーパント共有電子対電子親和力有機電子論

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android