外目(読み)ソトメ

デジタル大辞泉の解説

そと‐め【外目】

外側寄り。「外目の球を狙う」
他人が見たときの感じ。「外目が気になる」

ほか‐め【外目】

よそに目を移すこと。よそみ。
「―せず見聞くけしきどもを見て」〈大鏡・時平〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そとめ【外目】

他人が見たときの感じ。外見そとみ。 「 -にも疲労がはっきりわかる」

ほかめ【外目】

( 名 ) スル
ほかに目を移すこと。よそ見。 「 -せず見聞くけしきどもを見て/大鏡 時平

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外目の関連情報