コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

おかめ おかめ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

おかめ
おかめ

里神楽(さとかぐら)(民間の神楽)に使われる中年女性の道化面。鼻が低く、額(ひたい)やあごが平らで、ほおが丸く出っ張って下膨(しもぶく)れにつくられ、俗に三平二満(さんぺいじまん)ともいわれるが、意外に鼻だけが低い一平四満というべき作りもみられる。目が細く、色白で、どこか色っぽいうえに愛想のよい福々しい顔相である。江戸系の里神楽ではひょっとこやだるまなどのもどきの男役と対(つい)で軽妙に脱線滑稽(こっけい)を演ずるが、最後はたしなめ役に回ることが多い。お多福(たふく)ともよばれ、正月の縁起物の熊手(くまで)などに飾り着けられたり、かつてはこの面をかぶったお福さんという門付(かどづけ)がいたりしたが、『大言海』によれば、「おたハ乙御前(オトゴゼ)、……ふくハ頤(オトガヒ)ノ脹(ハ)レタル」ようすをいったものだとある。形状的にも狂言面の「乙(おと)」との関係が考えられる。また、人形浄瑠璃(じょうるり)の首(かしら)「お福」も同様の面相である。美女の相でないので、下膨れの醜女をお亀(かめ)とかお多福といって侮蔑(ぶべつ)することばともなった。お亀の名は、室町時代末のある神社の巫女(みこ)の亀女の名から出たともいう。なお、おかめを天鈿女命(あめのうずめのみこと)の面とすることもある。[西角井正大]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のおかめの言及

【ソバ(蕎麦)】より

…前者を〈もり〉といい,後者は,はじめ〈ぶっかけ〉といったが,寛政ころからそれを略して〈かけ〉というようになった。〈かけ〉にいろいろの具をあしらったのが種物で,加薬(かやく)そばとも呼ばれ,幕末ころまでに花まき,あられ,てんぷら,卵(玉子)とじ,鴨なんばん,おかめなどが売り出された。花まきは焼ノリ,あられはバカガイの柱をのせたもので,鴨なんばんの〈なんばん〉はネギのことである。…

※「おかめ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

おかめの関連キーワード請け込む・受け込むオカメブンブク百鬼夜行絵巻関の弥太っぺオカメインコ三つ面子守オカメザサお亀・阿亀ひょっとこ岡見・傍見阿亀饂飩永井荷風三平二満葛西囃子飯田旗軒阿多福面どんつく阿亀蕎麦江戸神楽亀戸大根

おかめの関連情報