多々羅義雄(読み)たたら よしお

  • 多々羅義雄 たたら-よしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1894-1968 大正-昭和時代の洋画家。
明治27年9月18日生まれ。佐賀青木繁に師事し,明治45年上京して太平洋画会研究所にはいり満谷国四郎にまなぶ。また本郷絵画研究所にも所属した。大正2年文展に初入選,「上総の海」で第12回文展特選。昭和25年太平洋画会代表となり,のち光陽会を創立。昭和43年12月10日死去。74歳。福岡県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

興行収入

観客が興行会社(劇場)に支払う入場料の合計金額を興行収入(興収)といい、この興収の中から、宣伝費などの必要経費と劇場利益を差し引いた金額を興行会社は配給会社に支払う。この配給会社に支払われる金額を配給...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多々羅義雄の関連情報