コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満谷国四郎 みつたに くにしろう

7件 の用語解説(満谷国四郎の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

満谷国四郎

洋画家。岡山県生。はじめ二世五姓田芳柳に、のち小山正太郎に師事。吉田博らと大平洋画会を創立、海外の博覧会や文展に活躍する。のち大原孫三郎の後援を得てパリへ留学、褐色系を基調とした初期の画風から後期印象派の影響を受けた画風へと一変する。晩年は対象の平面的処理と豊かな色彩により装飾性の強い画風を確立した。帝国美術院会員。昭和11年(1936)歿、63才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みつたに‐くにしろう〔‐くにシラウ〕【満谷国四郎】

[1874~1936]洋画家。岡山の生まれ。太平洋画会の設立に参加。写実的な画風から出発し、晩年には平明な色面構成の装飾的画風を確立した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

満谷国四郎【みつたにくにしろう】

洋画家。岡山県生れ。五姓田芳柳に師事したのち,小山正太郎の不同舎に学んだ。1900年渡欧後太平洋画会を創立。初め写実的で説明的な描写で知られたが,1911年―1914年再渡欧後は後期印象派などの影響下に明るい色彩と大きな色面による構成的な表現に転じた。
→関連項目中村彝明治美術会

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

満谷国四郎 みつたに-くにしろう

1874-1936 明治-昭和時代前期の洋画家。
明治7年10月11日生まれ。小山正太郎に師事。明治美術会10周年展の「林大尉の戦死」で注目された。太平洋画会の創立会員。「車夫の家族」などの写実的画風から,平明な装飾画風にすすみ,代表作は「緋毛氈(ひもうせん)」。文展,帝展の審査員,帝国美術院会員。昭和11年7月12日死去。63歳。岡山県出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

みつたにくにしろう【満谷国四郎】

1874~1936) 洋画家。岡山県生まれ。五姓田芳柳・小山正太郎に学んだ後、渡欧。帰国後の1901年(明治34)太平洋画会の創立に参加。写実的画風から後期印象派の影響を経て、最後は装飾的な画風に転じた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

満谷国四郎
みつたにくにしろう

[生]1874.10.11. 岡山,総社
[没]1936.7.12. 東京
洋画家。中学校中退後画家を志して上京,五姓田芳柳,小山正太郎に学び,暗い写実的作風を示した。 1900年フランスに渡り J.P.ローランスに師事,翌年帰国,02年太平洋画会を結成。 11年再び渡仏。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

満谷国四郎
みつたにくにしろう
(1874―1936)

洋画家。岡山県生まれ。1891年(明治24)上京し、翌年小山(こやま)正太郎の不同舎に入る。1900~01年(明治33~34)渡欧し、パリ万国博覧会に出品して褒状を受け、帰国の翌年同志と太平洋画会を創立した。7年の第1回文展以後毎年審査員を務め、また同年の東京府勧業博覧会で一等賞を受けた。のち再渡欧(1911~14)し、近代的造形に作風を転じる。25年(大正14)帝国美術院会員となる。大正後期から昭和初めにかけて中国に4回旅行し、しだいに装飾的な様式化に進んで、独自の画境を開いた。代表作に『戦の話』『かりそめのなやみ』『砂丘の家』『緋毛氈(ひもうせん)』などがある。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の満谷国四郎の言及

【明治・大正時代美術】より

…これらの中では,《天平の面影》(1902)や《蝶》(1904)を描いた藤島武二と,彼の影響を受けて《海の幸》(1904)や《わだつみのいろこの宮》(1907)のように詩情豊かな浪漫的な作風をうち出した青木繁が傑出している。 明治美術会にも,欧米に学んだ中村不折,満谷(みつたに)国四郎(1874‐1936),吉田博(1876‐1950),鹿子木孟郎(かのこぎたけしろう)(1874‐1941),中川八郎(1877‐1922),河合新蔵(1867‐1936),丸山晩霞(1867‐1942),大下藤次郎などが現れて,1901年太平洋画会を興し,白馬会に対抗した。しかし07年文部省美術展覧会(文展)が設立されると,黒田のアカデミックな写実に印象派の色彩を加えた明るい外光主義の画風,すなわち美術学校と白馬会の画風が,日本のアカデミズムとして洋画界を支配するようになっていった。…

※「満谷国四郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

満谷国四郎の関連キーワード松井桜塘五姓田芳柳五姓田五姓田義松五姓田芳柳(初代)五姓田芳柳(2代)平木政次松原三五郎渡辺文三郎渡辺幽香

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

満谷国四郎の関連情報