コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多代女 たよじょ

2件 の用語解説(多代女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多代女 たよじょ

市原多代(いちはら-たよ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多代女
たよじょ
(1776―1865)

江戸後期の俳人。市原氏。初め賞月堂、のちに晴霞庵(せいかあん)と号した。奥州須賀川(すかがわ)(福島県須賀川市)の造酒家(つくりざかや)の娘で、婿を迎えたが、1806年(文化3)夫に死別、三児を養育しつつ俳諧(はいかい)に志す。江戸の道彦に入門、その没後は乙二(おつじ)に師事。48歳の23年(文政6)江戸に遊び、一具(いちぐ)の庵(いおり)に止宿して諸士と風交した。天保(てんぽう)期(1830~44)の俳諧番付に前頭(まえがしら)筆頭とする。編著に『浅香市(あさかいち)集』(1814)、『晴霞句集』(1853)など。慶応(けいおう)元年8月4日没。[松尾勝郎]
 有明の野ずゑに白し春の水
『矢部榾郎編『たよ女全集』全一巻(1959・小宮山書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多代女の関連キーワード市原市市原市原野ジェフユナイテッド市原市原硬市原定直市原多代市原多朗市原ツギ市原豊太

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone