コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市原多代 いちはら たよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市原多代 いちはら-たよ

1776-1865 江戸時代後期の俳人。
安永5年生まれ。生家は陸奥(むつ)須賀川(福島県)の酒造業者。31歳で入り婿の夫と死別後,鈴木道彦,のち岩間乙二(おつに)に師事。文政6年江戸の高梨一具のもとに寄宿し,おおくの俳人と交遊した。慶応元年8月4日死去。90歳。号は賞月亭,晴霞庵。句集に「多代句集」,編著に「浅香市集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

市原多代の関連キーワード吉田左門多代女

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android