コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市原多代 いちはら たよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市原多代 いちはら-たよ

1776-1865 江戸時代後期の俳人。
安永5年生まれ。生家は陸奥(むつ)須賀川(福島県)の酒造業者。31歳で入り婿の夫と死別後,鈴木道彦,のち岩間乙二(おつに)に師事。文政6年江戸の高梨一具のもとに寄宿し,おおくの俳人と交遊した。慶応元年8月4日死去。90歳。号は賞月亭,晴霞庵。句集に「多代句集」,編著に「浅香市集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android