死別(読み)シベツ

  • しにわかれ
  • しにわか・れる

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 死に別れること。死ぬことによって、その人と別れること。⇔生き別れ
※玉塵抄(1563)一九「垓下の城にせめつめられて、〈略〉虞美人に死わかれする時のうたぞ」
〘自ラ下一〙 しにわか・る 〘自ラ下二〙 一方は死に、他方は生き残って永久の別れとなってしまう。死別する。永訣する。⇔生き別れる
※慶長見聞集(1614)八「それがし親こんかきにて、身上かたのごとく送りしが、三年已前に死わかれ、家跡職請取こんやを仕候が」
〘名〙 身近な人が死んで二度と会えなくなること。しにわかれ。死別離。⇔生別
※大観本謡曲・谷行(1546頃)「悲しみの至りて悲しきは、生別離の心なり。なかなか死別ならばかほどの歎きよもあらじ」 〔古楽府‐為焦仲卿妻作〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

死別の関連情報