コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多型性マーカー たけいせいまーかーpolymorphic marker

1件 の用語解説(多型性マーカーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

多型性マーカー

ゲノムのDNAの各所にある目印のこと。その場所の塩基配列(遺伝暗号の並び方)に個人差、すなわち多様性(多型性)が見られる。これらの多型性マーカー親子鑑定や犯罪捜査での個人識別などに利用され、以下のものがある。(1)SNP。(2)VNTR(variable number of tandem repeats)マーカー。7〜40個の塩基の並びが繰り返されていて、この反復回数に個人差がある。(3)マイクロサテライトマーカー。2〜7個の短い塩基の並びが繰り返される。(4)RFLP(restriction fragment length polymorphism:制限酵素断片長多型性)マーカー。特定の塩基配列の部分を切断する酵素(制限酵素)を用いてゲノムDNAを切断すると、塩基配列の個人差のある部分で切断されたり、切断されなかったりする。これらの多型性マーカーを用いると、指紋と同等な正確さで個人を識別できる。この個人識別法をDNA指紋法(DNAフィンガープリント法)と呼び、親子鑑定や犯罪捜査での個人識別にDNA指紋法を用いることをDNA鑑定という。

(川口啓明 科学ジャーナリスト / 菊地昌子 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

多型性マーカーの関連キーワードDNA鑑定遺伝子工学DNA遺伝子遺伝的組換え親子鑑定バイオチップDNAチップ足利事件遺伝暗号

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone