コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多変量着地ページ最適化

1件 の用語解説(多変量着地ページ最適化の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

多変量着地ページ最適化

多変量着地ページ最適化MVLPO)とは、着地ページ最適化(LPO)を用いてWebサイトの構造、デザインなどを経験的に最適化するための手法である。LPOがリファラーなどに基づいてユーザーの意図を推定、Webページの内容を変化させてユーザーを誘導し、コンバージョン率を高めるための手段であるのに対して、MVLPOはもっともコンバージョン率が高くなるWebサイトの構造やデザインを経験的に見つけ出すための手段である。MVLPOでは、ボタンの大きさや色、キャッチコピー、タイトルテキストなど、さまざまな組み合わせを実際にユーザーに提示し、もっともコンバージョン率が高くなるWebサイトの構造やデザインを見つけ出す。従来のWebサイト構築がWebエディターやWebデザイナーの経験、理論に基づいているのに対して、MVLPOはA/Bテストのような手法を用いて、統計学的に有意な数のデータを集積することで、合理的なWebサイトの構造、デザインに到達する。こうした手法がとれるのは、従来のメディアと異なり、Webサイトでは、全ユーザーの行動を詳細に記録できるからである。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone