コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多摩美術大学図書館 たまびじゅつだいがくとしょかん Library of Tama Art University

1件 の用語解説(多摩美術大学図書館の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

多摩美術大学図書館

東京都八王子市の多摩美術大学八王子キャンパスに所在する図書館。同大学八王子キャンパス計画の一環として建設が計画され、同大名誉教授伊東豊雄が設計を担当し、2007年4月に完成した。アンリ・ラブルースト設計の「パリ国立図書館」をほうふつとさせるアーチ構造を採用しており、鉄板を溶接して組み立てたアーチ形状の構造体の周りに型枠を組みコンクリートを流し込んだ「スチールコンクリート造り」の躯体(くたい)を構築するなど、負荷条件の厳しい図書館を薄いコンクリートで支えるために様々な工夫が施されている。地震対策として、地下には積層ゴムとすべり支承からなる免震構造が導入されており、また閉架式書庫がガラス越しに見えるなど開放的に作られた館内には、所蔵庫や閲覧室のほか、構内の他の施設との連携を強く意識して、メディアバーラボラトリーカフェ、AVブースなども設けられた。書架を始めいすやテーブルなどのユニークな備品の多くは、藤江和子のデザインによる。現在の蔵書は約12万冊だが、最大30万冊まで収蔵可能。私大の図書館としては珍しく、周辺地域の一般市民にも開放されている。

(暮沢剛巳 建築評論家 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多摩美術大学図書館の関連キーワード八王子市八王子武蔵陵墓地多摩美術大学八王子織八王子千人組武蔵平多摩陵横川楳子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

多摩美術大学図書館の関連情報