コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多数国間条約 たすうこくかんじょうやくmultilateral treaty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多数国間条約
たすうこくかんじょうやく
multilateral treaty

多辺的条約ともいい,多数の国家の参加する条約。当事国の範囲によって,限定的多数国間条約と一般的多数国間条約とに分類される。国連憲章は後者の例。締結手続は,協議,署名の順で行われるが,多数国間条約の場合,署名のための一定期間を設けることが多い。条約は,批准によって確定するが,効力が発生するためには,多数国間条約の場合,寄託が必要である。しかし,このような条約の場合,署名国中の一定数の国家の批准書の寄託があれば,条約の発効を認めることが多い。たとえば,国連憲章は5常任理事国と他の署名国の過半数の批准書の寄託,核兵器の不拡散に関する条約は,寄託国 (ロシア,イギリス,アメリカ) およびこの条約の署名国である 40ヵ国が批准書を寄託したときに発効することを規定している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の多数国間条約の言及

【条約】より


[条約の種類]
 条約はさまざまな基準によって分類されうる。まず,当事国の範囲を基準として2国間条約と多数国間条約とに区別することができる。後者はさらに,当事国の範囲が限定的であるか一般的であるかによって,限定的多数国間条約(閉鎖条約)と一般的多数国間条約(開放条約)とに分類される。…

※「多数国間条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多数国間条約の関連キーワード原子力事故の早期通報に関する条約外交関係に関するウィーン条約条約法に関するウィーン条約原子力損害賠償責任コンベンション国際原子力機関特許協力条約通商航海条約世界禁煙デー国際連合憲章第三者損害主権免除国際犯罪大使会談被寄託者軍備管理国際組織留保条項解釈宣言継承国

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android