多田 智満子(読み)タダ チマコ

20世紀日本人名事典の解説

多田 智満子
タダ チマコ

昭和・平成期の詩人,エッセイスト 英知大学名誉教授。



生年
昭和5(1930)年4月1日

没年
平成15(2003)年1月23日

出生地
福岡県福岡市博多区

出身地
東京

本名
加藤 智満子(カトウ チマコ)

学歴〔年〕
慶応義塾大学文学部英文学科〔昭和30年〕卒

主な受賞名〔年〕
現代詩女流賞(第5回)〔昭和55年〕「蓮喰いびと」,井植文化賞(文芸部門)〔昭和56年〕,現代詩花椿賞(第16回)〔平成10年〕「川のほとりに」,読売文学賞(詩歌俳句賞 第52回)〔平成13年〕「長い川のある国」

経歴
詩人、評論家として活躍したほか、フランス語を中心に翻訳の仕事も手がけた。主著に、詩集「花火」「贋の年代記」「多田智満子詩集」「蓮喰いびと」「祝火」「川のほとりに」「長い川のある国」、エッセイ「花の神話学」「夢の神話学」「森の世界爺」「十五歳の桃源郷」、評論「鏡のテオーリア」「宇遊自在ことばめくり」、訳書にユルスナール「ハドリアヌス帝の回想」「東方綺譚」、ケッセル「ライオン」、「サン・ジョン・ペルス詩集」など多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多田 智満子の関連情報