コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多紀連山県立自然公園 たきれんざんけんりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多紀連山県立自然公園
たきれんざんけんりつしぜんこうえん

兵庫県中東部,篠山盆地の北を東西に連なる山嶺と,その北の妙高山一帯を占める自然公園。篠山市丹波市の2市にまたがる。面積 93.10km2。 1957年指定。 1965年拡域。篠山市の北部にある八ヶ尾山 (677m) ,小金ヶ岳 (718m) ,三岳 (みたけ。 793m) ,西ヶ岳 (729m) などは「多紀アルプス」と呼ばれ,小金ヶ岳はケイ石からなる険しい岩場,三岳は修験道場の山として有名。八ヶ尾山近くの篠見四十八滝の趣が変わった景勝地のほかシャクナゲの自生地がある。山麓には車塚などの古墳が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

多紀連山県立自然公園の関連キーワード春日(兵庫県)西紀[町]篠山(市)春日西紀市島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android