丹波篠山市(読み)たんばささやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丹波篠山〔市〕
たんばささやま

兵庫県中東部から東部,丹波山地から篠山盆地に位置する市。東は京都府,大阪府に接する。1999年篠山町,西紀町,丹南町,今田町の 4町が合体し篠山市として成立。2019年現名称に改称。市域のほぼ中央を流れる篠山川流域の篠山は江戸時代には青山氏 5万石の城下町(→篠山藩)。国指定史跡の篠山城跡,旧武家屋敷,妻入の商店街などに当時の面影が残る。播磨から京都にいたる京街道の要地でもあり,東部の福住とともに旧宿場町。このほか八上城跡(国指定史跡),春日神社能舞台(国指定重要文化財)などの旧跡がある。味間は丹波茶の本場で,国の重要文化財の大国寺本堂がある。南西部の四斗谷川沿いは窯業地で,登り窯が並ぶ。民芸品丹波焼(立杭焼)の特産地として有名。南東端の籠坊温泉は平家の落人集落といわれる温泉地。北部の藤坂に残る長谷寺妙見堂は国の重要文化財。南東部の猪名川上流地域は猪名川渓谷県立自然公園に,北部の山岳地帯は多紀連山県立自然公園に,四斗谷川沿いは清水東条湖立杭県立自然公園にそれぞれ属する。日置のハダカガヤ,追手神社のモミは国の天然記念物。丹波黒大豆や丹波栗などの特産物も有名。JR福知山線,舞鶴若狭自動車道が縦断する。国道372号線が横断し,縦断する 173号線,176号線と交差する。面積 377.59km2。人口 4万1490(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報